峠みち

   ここ宮崎演習林は,宮崎県と熊本県の県境にある湯山峠(ゆやまとうげ)の東側にあります。生活圏は以前「球磨郡の紹介」でお伝えしたように,湯山峠の西側にある熊本県の人吉・球磨地域となります。椎葉村に住むのも,人吉・球磨地域から通勤するのも,この湯山峠を通る国道388号線は大事な道です。
   この県境にある湯山峠ですが,峠の熊本県側から事務所に至るまで最後の12kmが1~1.5車線(ほんのちょっとだけ2車線に改良された場所もあります)のクネクネ道で大変走りにくい道です(勿論この12km以外にも走りにくい道は多方向に続き酷道としても有名です)。しかしこのクネクネ道を広くする工事が始まっていて,現在目下工事中です。日曜祝日を除く毎日時間規制が行われていて,日中は自由に通り抜けることが出来ません。最近の工事っぷりはなかなかで,恐らく宮崎演習林への道中を知っている人にとっては,今までにない驚きの工事具合です。本気度を感じます。見通しの悪かったカーブの内側の木が全て伐採されたり,大きな岩が砕かれたり,擁壁が組み上げられたり…。あの道が広くなるなんてことは夢のようと思っていましたが,近いうち(!??)に離合困難でない道になるようです。




 2020.6.30 sa

ブナの結実

たくさんのブナの実を見つけました。今年はどうやら豊作年のようです。

今年から、宮崎演習林で、高知大学、市栄さんの研究プロジェクトでブナの豊凶やシイナばかりができる理由を解明するための研究モニタリングがはじまりました。
これまで、私は南方や平地の森林での研究ばかりしていたので、ブナを対象にした研究に携わるのは初めてです。結果が今から楽しみです。


6月17日の結実の様子

5月14日の様子、まだまだ小さいです。

4月17日の様子、花が咲きました。

4月8日の様子、花芽がほころび始めました。
豊作の予感です。
 2020/06/19 TK

樹木の生命力


 山を歩いていると、時々樹木の驚異的な生命力を目の当たりにすることがあります。
今回は自分のフォルダを漁っていたら見つけた3つの写真を紹介しようと思います。
まずはこちら。

 ヒメシャラでしょうか。幹の片側が完全に消失していますが、その上部反対側から新しく幹が伸びています。
 続いてこちら。
まだ若い樹木ですが、石の上に根付いています。 恐らく、苔の上に落ちた種子が発芽し、石の割れ目から根を伸ばしたのではないかと思いますが、過酷な環境に見えます。


 こちらはちょっとわかりずらいですが、中央の明らかに死んでいるように見える大きな株の上から、株より少し細めの苔むした幹が伸びているのわかるでしょうか。

 歩いていると見逃がしてしまいそうな、ちょっと変わった木々ですが、樹木も生きていると意識して観察すると違った世界が見えてきそうです。

                          2020.06.01 山内(耕)

球磨郡の紹介

こんにちは。今回は少し趣向をかえて、宮崎演習林の山から下りた球磨郡を紹介してみたいと思います。我々宮崎演習林スタッフの3分の1くらいは、球磨郡や人吉市に住んでいます。宮演事務所から椎葉村役場までは峠を越えて50分くらい、宮演事務所から最寄りのコンビニ(球磨郡湯前町)までやはり峠を越えて45分くらいなのです。つまり、椎葉村の中心地に行くのも、球磨郡の町に下りるのも、時間的にはあまり変わりありません。ですので、宮崎演習林のある集落に住んでいる人たちは、球磨郡側に買い物や病院に行くことが多いみたいです。

そんな球磨郡の町々もとてもきれいなので、今回は球磨郡(奥球磨と言われるあたり)の春の様子をお届けします。


山の中腹にある公園から多良木町をみた写真です。
分かりにくいですが、盆地の真ん中を球磨川が流れています。

多良木には小麦畑がたくさんあります。
黄金色に輝いています。

多良木町から宮演方向を見たところです。
右の山が市房山、左の山が津野岳です。
津野岳の山頂から向こう側は宮演の山となります。
市房山系の萱原山山頂を含む一部も宮演の山です。
つまり、球磨郡側から宮演を見ることができるのです!

水上村の湯山に行くループです。
ここから山が始まります。
人吉インターを降りてここまで1時間弱かかるのですが、
初めて宮崎演習林に来る人は、ここまででも十分山奥に来た、
という印象を持たれるようです。
本当の山道はここからなのです。
ループの先の水上村の湯山地区の様子です。
右に見える山が市房山です。
このあたりは本当に、とってもきれいなんです。
湯山温泉はぬるいですがpHが高くておすすめです!


球磨郡もとっても美しいのです。宮演にお越しの際は、その道中の風景も楽しんでみてください。
2020/5/8 片山

怪我の功名

ここに赴任して間もない頃、伐採跡地からワイヤーロープを拾ってきました。
集材作業に使われたものでしょう、キンク(より、潰れ)したので忘れられたようです。雨ざらしで、サビも浮いて固くなっていましたが、スリングに使えそうだったので、油を差して車庫の片隅に保管しておきました。
最近になって、材を曳くのに適当なスリングを探している時に、そのことを思い出しました。ワイヤーをひっぱり出してみると、2年あまりの間にサビも落ち、しなやかさも戻っていました。これなら玉掛けに使えそうです。キンクをよけて、ブツ切りにしてワイヤースリングを作ることにしました。

ふた昔前までの高校や大学の林業課程では、ワイヤーロープのスリング加工は必須の技術でした。とはいえ、手頃な価格で市販品も手に入り、取り扱いやすいナイロンスリングも普及している今では、手ずからスリングを作る機会は少ないです。自分の記憶をたどっても、20年くらい作ってないのは確かです。
そこで、先ずインターネットでおさらいしてから、実際に取りかかりました。まだ学生だった頃、教官から教わった、「一つ越して、二つくぐらすんだぞ!」という言葉を繰り返し唱えながらワイヤーにシノを差していきます。
そこに着任早々のN君がやって来ました。N君は興味深そうに、「お、スリングですね。教えてください」と言うので、2人並んでワイヤーを編みます。編み込むほどに手強く、手のマメをつぶしながら渾身の力でシノを差すのに苦戦しますが、若い人が古い技に興味を持ってくれるのは、素直に嬉しいものです。

金づちで叩いて形を整えて、まあまあの出来に見えます。半日かけてスリングを2本仕上げましたが、慣れない作業に2人ともヘトヘトです。
念のため、スリングがどれくらいの重さに耐えるのか、手許のハンドブックを開きます。このワイヤーは、19本の素線で構成されたストランドが6本で撚られています。また、ロープ径は10mmありますので、6×1910mmの破断荷重をみると大体56t、林業用ロープの安全係数は5前後ですからざっと1tくらいの荷重なら大丈夫。使い古しの損耗分を差し引いても、丸太を引っ張るには十分な強度がありそうです。
さて、その翌日、出来上がったスリングを携えて現場に来ました。
立ち枯れの目立つカラマツ林の一角を整理して、新たに広葉樹の苗木を植える仕事です。倒したカラマツをブルドーザーで曳くのに件のスリングの登場です。

丸太に玉掛けしたスリングを、ブルの後ろにあるフックにかけて、

ブルが力強くカラマツの丸太を曳いていきます。
作業の合間にスリングの状態を点検しましたが、損傷もなく、期待以上の頑丈さに満足です。
一仕事終えて、N君、それに最若手のY君も交えてしばしワイヤー談義に興じました。

今回の仕事では、適当なスリングがない、という必要に迫られてスリング加工のひと手間をかけました。しかし、その手間のおかげで、身近に使っていたワイヤーへの理解が深まり、また、若い人たちとの共感性も得られました。マメがつぶれたり、指に素線が刺さったりして痛い思いもしましたが、さしずめ怪我の功名といったところでしょうか。
2020. 5. 1.  D.O

道端の花特集

春ももう半ばを過ぎたでしょうか.山の上では新緑の中にまだ桜が残り,沢沿いにはツツジ類が色鮮やかに咲き誇っています.良い季節です.

ツクシアケボノツツジとミツバツツジ

この時期,家の周りや道路脇の,いわゆる雑草たちも一斉に花を咲かせて賑やかになります.一つ一つはそんなに目立つこともありませんが,足を止めて見てみればそれぞれに魅力的です.今日はそんな小さな草花を事務所の周りで探してみました.


まずはキク科の黄色い花.キク科の草本種は本当にたくさんいます.花も姿も似たものが多く,憶えるのがなかなか大変です.
(左)オオジシバリ,(右)ニガナ,(下)ハハコグサ
オオジシバリやニガナはよく群生し,黄色い花畑を作ります.ハハコグサは控えめな印象で,全体の姿や手触りに独特の柔らかい雰囲気があります.春の七草の一つ(ゴギョウ).食べたことないですが,ヨモギのように餅に混ぜたりしていたそうです.


ハコベの仲間(ナデシコ科)この仲間にも色々な種があるのですが,みな小さな白い花をつけます.よく同じ場所で混ざり合って生えており,今回は4種見つけました.
(左上)ハコベ,(右上)ノミノフスマ,(左下)ミミナグサ,(右下)ノミノツヅリ
花弁は5枚だが,上2種は各花弁が深く切れ込んで10枚に見える
ノミのものシリーズ,「小さい」「とるに足らない」というニュアンスで侮られていますが,ノミノフスマは野草の中でかなり可憐なタイプだと思います.ノミノツヅリは控えめな花ですが立ち姿が良く,よく乾いたアスファルトの隙間などに密集し,生きながらにドライフラワーのような趣を見せてくれます.あとミミナグサですね.外来の「オランダミミナグサ」はどこでもたくさんいるのですが,在来種を見たのは初めてかもしれません.


イヌノフグリの仲間(オオバコ科).オオイヌノフグリは本当にどこにでもいますね.ありがたみはないですが,やっぱりかわいいと思いますし,子供の頃から春の象徴の一つです.
(上)オオイヌノフグリ,(左)タチイヌノフグリ,(右)フラサバソウ.ふぐり3兄弟
タチイヌノフグリとフラサバソウ,花が小さくて目立ちませんが,よく探してみるとオオイヌノフグリと混ざって一緒に生えていることが多い気がします.みんな外来種.もともと日本にいた「イヌノフグリ」は,今では数を減らして絶滅危惧種になっています.


唇状花が特徴のシソ科草本も,道端群集の重要なメンバーです.ここではざっと3種が見つかりました.
(上)カキドオシ,(左)キランソウ,(右)トウバナ
全体的にシソ科の造形は,美しさと面白さと不気味さの間にあるような気がします.この中でカキドオシはなかなか良い感じですが(良い匂いもします),トウバナはどうでしょう.よく見ればかわいいでしょうか.


ハナイバナ(ムラサキ科)がいました.同じ科のワスレナグサ・キュウリグサをシックにした感じで素敵です.
(左)ハナイバナ,(右)鉢植えキュウリグサ
私はこの仲間が個人的に好きで,毎年春に見つけると胸が熱くなります.キュウリグサはこの付近で見かけないので鉢植えにしてみたのですが,一般にはハナイバナよりもずっとありふれた種です.どこでも大抵近所にいますので,知らない方はぜひ見つけてみてください.


ウマノアシガタ(キンポウゲ科).うまく撮れませんでしたが,花びらにつやつやとした光沢があり,それがこの仲間の特徴になっています.
車道沿いなどに群生しているのを見かけます.光沢のためか他の花より明るく見え(目の端でキラッと光る感じ),遠目にも目を惹きます.キンポウゲ(金鳳花)はこの種を指すようです.


最後にスミレ2種.スミレ属だけで図鑑ができるほど種が多く,また昔から愛されてきたグループです.
(左)スミレ,(右)ツボスミレ.たぶん
「スミレ」という名前には何となく儚そうだったり高貴なイメージがある気がしますが,割とどこにでもいてたくましいタイプだと思います.右のツボスミレ,私は初めて出会いましたが美しいですね.スミレの中でも小さく目立たないのですが,写真に撮ったらきれいで驚きました.全国的にごく普通種なのだそうです.


事務所の周りをほんの2,30 m歩いただけで,色とりどり,バラエティ豊かな草花が見つかります.このように色々なものが狭い範囲に集まっていることが,雑草観察の楽しさの一つです.また,少し場所を変えるだけで,種がどんどん入れ替わっていきます.見ていて飽きません.

今回見つけた中に特に珍しい種はおらず,多くは都市の市街地などでも普通に見つかるものだと思います.その一方で,ほとんどが日本在来の種であって外来種が少ないことに驚いています.都市部の道端には外来種が非常に多い(感覚的には8割くらい)のですね.個人的にはそんな外来種群集も楽しいですが,例えば在来のミミナグサを見つけると嬉しいのも確かです.さすが椎葉だと思いました.

気が向いた方は,たまに足をとめて道端を眺め,そして1つ2つ,気に入った草花の名前を調べてみてください.身近な場所から世界が広がるかもしれません.

その他見つかったものをまとめて.(左上)ムラサキケマン,(右上)カタバミ,(左中)スズメノエンドウ,(右中)レンゲソウ,(左下)ヘビイチゴ,(右下)ヤエムグラ.
今日のメンバーの写真を撮っているとレンゲソウがとても大きく見えます.

2020.4.26 市橋

境界を歩く2

本年度最後となる境界確認に同行しました.今回の目的地は樋口山(ひのくち,とここでは呼ばれます)の周辺.

宮崎演習林の南東部の縁,おそらく最もアクセスの悪い区域であり,調査地や学生実習の場として利用されることはまずありません.職員も足を踏み入れることが少なく,それはそれで貴重な場所と言えるかもしれません.


朝は(比較的)早めに出発.まずは頂上を目指します.
途中で霧が出てきました
急傾斜の登りが続き,私は早い段階で心がくじけましたが,技術職員の皆は粛々と?仕事をしていきます.
境界石の確認
この石をこんな所まで運んだ昔の人に思いを馳せつつ

尾根筋には,よく見るアセビの低木林が広がっていました.今は花盛りです.
株によって花の色が違う
アセビのトンネルを抜けて
樋口山頂(1434.6 m)に到着
特に見どころのない山頂でした(霧のせいかも)

山頂から先は基本的に下りになります.ホッとしたのも束の間,この先がまた長かったのでした.

山中の境界は,尾根や谷など自然の地形に沿って引かれるのかと何となく思ってましたが,この区域ではそのような気配はありません.谷に下りてはまた尾根まで上るようなことを繰り返し,じわじわと進みます.
左の急斜面を下りてきて石を発見
谷を横切る方向に境界線がありました
しばしば境界石が見つからず,地図を確認
あの沢まで下ります...
休憩中にコケを眺めて心を慰める
ひょろっと伸びた先の器官(蒴)で次世代の胞子が作られ,外に飛んでいきます

細く深く,岩を削る流れ
現場では流しそうめんの話をしてました


最後に大岩をくぐって終了
長い道のりでした.境界とは何だろうと色々考えさせられました.まあ歩けば歩いただけ,面白いこともあるのですけどね.


前記事で菱さんが挨拶されてましたが,年度末に教職員数名の入替りがあります.この日が現メンバーとしては最後の山歩きの機会でもありました.そのことに対し何か感傷を覚えるだけの心身の余裕がなかったのは良かったのか悪かったのか(まあまたどこかで一緒になるのです).

ともあれ新学期には新たなメンバーを迎え,新たな気持ちで宮崎演習林を盛り上げていければと考えております.

2020.3.31 市橋